So-net無料ブログ作成

マニ60(その5) [荷レ]

 Tomixの新製品マニ60を購入した。
mn60-4.jpg

続きを読む


nice!(0) 

マニ60(その4) [荷レ]

 Micro Aceの荷物列車セットのマニ60を単品で入手した。細かい表記まで再現したレタリングには相変わらず感心する。しかもこの車両は室内灯やテールライトも点灯するらしい(まだ確認していない)。
mn60-3.jpg

続きを読む


nice!(0) 

マニ35(その2) [荷レ]

 マニ35は、マニ36に先行して「ハニ」から改造された荷物車で、改造種車に基づいて0番台、50番台、および200番台の3種がある。このうち50番台はオハ35系のスハニ32を種車とする丸屋根車で、量産は昭和40年(1965)からであるが、先行試作として352051、352052の2両が、昭和37年(1962)年に登場している。
 試作2両と量産車の違いは、荷物扉の位置と窓配置にある。特に今回選んだマニ352051は、荷物扉間にオリジナルの広窓が1つだけ設けられている点が特徴になっている(荷物室が暗い、あるいは換気性が悪いといったクレームでも出たのか、352052以降では荷物扉間にもう一つ窓を増設している)。
 以上の知識はこの本から。


 今回選んだマニ352051の製造は上記のように昭和37年であって、マニ36の登場から4年しか遡らない。しかし昭和の30年代と40年代の違い、あるいは1960年代前半と後半の違いは、やはり気分的に大きい。

nice!(0) 

マニ35 [荷レ]

 GMのマニ36を改造することに。なぜわざわざ改造するかというと、マニ36が登場したのが昭和41年(1966)以降で、特に古いマニ31や茶色のEF58と共演させるのが、全く不可能ではないものの時期的に難しいためである。
 マニ36の側板を色々なマニの図面にあてがって検討した結果、マニ3550番代のトップナンバーであるマニ352051であれば最小限の改造で済むことが判った。早速、窓あけ、窓埋めの加工をした(上の写真が加工前、下の写真が加工後)。
mn35-0.jpg
mn35-1.jpg
nice!(0) 

マニ31 [荷レ]

 4両目の荷物車は、ネットオークションでmodemoのマニ31を手に入れた。
mn31.jpg
 製品は、その昔ナカセイ(中村精密)が発売していた板キットの旧型客車シリーズの金型を引き受けたハセガワが、そのままでは売れないと考えたのか、自社内で組み立て、塗装、およびレタリングを施してModemoブランドで発売したという曰く付きのもの。
 昭和7年(1932)から昭和13年(1938)にかけて製造された丸屋根マニ31の第一シリーズ(トイレなし、旧マニ36750型)をモデル化している。
 実車は、昭和31(1956)年から昭和35年(1960)にかけてトイレを増設してマニ32に編入されたらしいが、改造には窓埋めが必要で、下手な改造をするとせっかくの塗装やレタリングが台無しになるため「最後まで残ったマニ31」として改造せずに使用することにした。
nice!(0) 

マニ60(その3) [荷レ]

 再びGMの板キットを板塗り組み立てして、マニ60をもう1両製作した(写真手前)。今回はベンチレータを増やしてみた。といっても、別に特定番号車を作るつもりはない。そんなことをすると、恐ろしい旧型客車考証の深い闇(註1)に引きずり込まれてしまうおそれがある。したがって車番も適当である。
mn60-2.jpg
 註1:国鉄のいわゆる旧型客車は、極言すれば1両ごとに形態が異なり、また同じ車両でも改造を経て時代ごとに形態が異なるということが多々ある。何しろマニ36の形態分類だけで1冊の本が出来上がるくらいである。そのため、旧型客車の考証に、特に初心者は手を出さない方がよいと言い伝えられている???。

 ところでこの2両目を組み立てているときに、先に造った1両目のマニ60の、レタリングの位置を間違えていることに気がついた。上の写真をご覧いただきたい。写真奥のマニ60は左から2つめのトイレの窓の下に「荷物」のレタリングが入っているが、手前のように、左から3つ目の窓の下に入れるのが正式である。しかしこれにも例外があって、写真奥のようにトイレの窓下に「荷物」と表記した実車の写真を見たことがある(この例からも、客車考証の闇の深さが伺い知れよう)。
nice!(0) 

マニ60(その2) [荷レ]

 ネットオークションでKATOのマニ60を手に入れた。先のGMのマニ60が、昭和28年(1953)から昭和30年(1955)にかけて車体を新製(名目上は木造車の鋼体化改造)した原型車を模型化しているのに対し、このKATOのマニ60は、同じ頃に車体を新製したオハニ61などの合造車を、昭和35年(1960)から昭和47年(1972)にかけてさらにマニ60に再改造した改造車をモデルにしている。両者の違いは、前者が狭窓を並べた昔ながらのマニの窓配置を踏襲しているのに対し、後者は、元になった改造種車の広窓を残している点にある。ちなみに今年発売のTomixマニ60も改造車をモデル化したもの。
mn60-1.jpg

nice!(0) 

マニ60 [荷レ]

 EF58に牽かせる荷レの第1弾として、GMの板キットのうちマニ60を組み立てた。金曜日、仕事の帰りに模型店に立ち寄って板キットを購入。その夜は晩酌を我慢して窓等のバリ取り等をした上、中性洗剤で洗浄。一晩乾かして翌土曜日に組み立てという手順。
 しかも今回は、できるだけお気楽に(いつもだが...)ということで、車体をランナーから切り取る前の板キットの状態で塗装し、塗装後に切り取って組み立てる前の状態でレタリング、および窓ガラスの貼付けをした後に車体を組み立てるという手抜き技法(「板塗り組み立て」という)を採用した。
 ことは順調に進むはずであったが、塗装時に多量の埃を巻き込んでえらいことに。車体に付着した埃を1つずつ取った後、ペーパーをかけずにさらに塗装をしたところ車体がでこぼこに。それが却って実感的、というのは負け惜しみ。
mn60.jpg
nice!(1) 
メッセージを送る