So-net無料ブログ作成

雨 [いまさら読書]

 梅雨の季節になると思い出す作品が二つあります。
 一つは、京極夏彦先生作の「巷説百物語」。

 この作品の第一話「小豆洗い」の雨と湿り気がすごい。
 もう一つの作品は、鈴木光司先生作の「仄暗い水の底から」。こちらは原作よりも映画

の方の湿度感がすごい。内容は、ホラーというより母と子の悲しいお話です。
 "雨(つづき)"はこちら
http://ho-blog.blog.so-net.ne.jp/2017-07-16


nice!(7)  コメント(5) 

nice! 7

コメント 5

ワンモア

鈴木光司氏関係の本は一時期ハマりました(^^)
by ワンモア (2017-07-10 10:44) 

hideta-o

横濱男さま
nice!ありがとうございます。
by hideta-o (2017-07-16 22:46) 

hideta-o

ワンモアさま
鈴木光司先生の作品は、「リング」をはじめとして、先に映像で見てしまったものが多く、本を読んだのは少ないですね。
by hideta-o (2017-07-16 22:47) 

hideta-o

ネオ・アッキーさま
芝浦鉄親父さま
nice!ありがとうございます。
by hideta-o (2017-07-16 22:48) 

hanamura

京極夏彦先生・・・実家の倉庫からナニカ持ち帰ろうかなぁ~。
「巷説百物語」けっこう簡単に発見できたました。
by hanamura (2017-07-17 06:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。